青学生が語る、青学のおすすめ学部!

大学受験
スポンサーリンク

こんにちは、のりです!

今回は、私が通っている青山学院大学の学部についてお話していこうと思います。

そもそも、青山学院大学には2つのキャンパスが存在します!

一つは、東京都渋谷区にある青山キャンパス

そして、神奈川県相模原市にある相模原キャンパスです!

私が所属しているの経営学部で、相模原キャンパスについてあまり詳しくはないので簡単に紹介します。

相模原キャンパス

青学の相模原キャンパスにある学部は、

  • 理工学部
  • 社会情報学部
  • 地球社会共生学部
  • コミュニティ人間科学部

4学部です。

理工学部は、理学系、工学系あわせて6つの学科から構成されているいる学部です。

社会情報学部は、社会科学系、人間・コミュニケーション系、情報科学系の3領域を学ぶ学部で文系理系にとらわれない学部です。

地球社会共生学部は、グローバル人材を育成するため、留学が必須であり、1年次から留学に必要なスキルの習得が始まり、英語能力の向上に取り組むことが出来る学部です。

コミュニティ人間科学部は、私が入学した2019年から新設された学部で地域社会に根付いた自立した学生を養成するため、主体的に学ぶことができる学部です。

青山キャンパス

青学の青山キャンパスには、

  • 文学部
  • 教育人間科学部
  • 経済学部
  • 法学部
  • 経営学部国際政治経済学部
  • 総合文化政策学部

7つの学部が存在しています。

青学に入学して本気で勉強に取り組みたいと思うなら、文学部英米学科、国際政治学部の2つをおすすめします。

この二学部は青学の看板学部です。

私は、現在大学の国際寮に住んでいて、そこには英米国政と呼ばれるこの二つの学部の学部生が多いのですが、経営学部とは大変さがまったく違います。

経営学部は、必修の英語の授業は2つだけでしかも一つは対面ではなく、オンライン上で問題を解くという形式の物であるのに対して、国政は英語の授業がすべて対面式で4つあります。

課題の量や、卒業に必要な単位数も経営学部と比べると多いので日々学習が必要な学部・学科です。

ですが、大学側が力を入れていることもあり、教室も設備がきれいで充実している教室を使っているイメージがあります。

英米、国政の学生は優秀な学生が多く、内部進学の人たちも、比較的、優秀な生徒が進学する学部でもあります。

就職に関しても英米国政は、実績が高いこともあり、卒業時のスキルは4年の努力を裏切らないものと思います。

国政・英米と比べてかなり楽な経営学部ですがそんなに楽かと聞かれたら、かなり楽です。

青学に入学して、勉強以外にも遊びやバイト、ほかにしたいことがあって自由な時間が欲しいと思うなら、経営学部、経済学部の2つをおすすめします。

経営、経済学部は、必修が少なくて、履修の選択の幅が広がり、課題も講義次第でほとんどなく、自由な学部です。

必修の授業も少ないので1年生から全休を作ることも可能です。

私は、大学に入学して、自分が将来何をしたいのかみつけたいという思いがあって、学部にはあまりこだわりを持たずに入ったのですが、企業に就職してから必要な経済、経営系の勉強をしながら、バイトしたりなどと自由な時間が取れる経営学部に入ってよかったと思います。

だからと言って、まじめな学生がいないわけではく、意識が高い学生もいるので、経営経済系の勉強をしたい人も履修の組み方次第では、学びたいことを学べます。

看板学部に隠れてかなり大変な学部もあります。

それは法学部です。

法学部は、1年からMAXの申請単位数が48単位と多く(経営は44単位)課題もかなり出て、1限や6限にも講義が入ってきます。

ですが、法学部に入る学生は、難関資格の取得をはじめから目指していることも多く、それぐらいの勉強量が必要であることには変わりありません。なんとなく法学部に入学して、思っていたのと違ったとなる人以外の学生は、まじめに取り組んでいると思います。

いかがでしたでしょうか?

おすすめの学部を紹介したのですが、学部選びで大事なのは自分が学びたいことを学べる学部に入学することだと思います。

楽だからと言って興味のない学部に入学するのは、入学後に苦労することになります。

自分の興味のある分野がないひとは、それから探してみて下さい。

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました