俺の大学受験記① ~中卒、高卒認定から青学に合格するまで~

大学受験
スポンサーリンク

どうも、のりです。

今回から大学受験の記録を綴ろうとおもいます!

自己紹介でも説明した通り、高校中退をして、高卒認定試験から大学受験をしていま大学生活を送っています!

その大学生活を送っている大学とは青山学院大学です。

青学は、大学受験をしようと決めたときの志望校ではありませんが、久々の学生生活を楽しむことが出来ています。

だから、これから大学受験をする人だけでなく、まず高卒認定試験を受験しようとしているにも参考にしたり、モチベアップにつなげてもらえたらと思います。

高卒認定試験合格してから

では、まず高卒認定取得後から話していきます。

17歳の冬に高卒認定試験に合格して以来、ほとんど勉強もせずに家のことを手伝っていて、大学受験に向けて勉強し始めたのは、同じ年が大学に入学した春からです。

私は、高校を中退するときに、一年しか高校に通えていないので大学受験をできる状況になったときには、有難いことに、二年間支援してくれることを、親に許し得ていたので二年スパンでの受験計画でした。

私は、一年間だけ高校に通っていましたが、家の状況的に辞めることになると予想づいていたのでその高校はスポーツ校であったので、好きなテニスに打ち込み高校の勉強内容はほぼ身についていない状況でした。

だから、私の受験のスタートはまず高校レベルの勉強をすることからでした。

河合塾に入塾を決める

私は周りの環境に流されやすいとわかっていたので、家で勉強するより、周りに大学受験をする人たちがいる予備校に通おうと、地元の河合塾に入塾しました。

そこでは、何人か高校時代の友人と再会しましたが、実際に話したり勉強する中で自分がいかに遅れているか、学力がないのかを実感することが多々ありましたが、「他人は他人自分は自分」と言い聞かせて、勉強漬けの日々をおくっていました。

一年目はとにかく高校の学習内容の履修を終えて、受験できる状態に持っていくことが目標でした。

国立大学に合格することが目標だったので、英語、国語、数学、日本史、倫理・政治経済、生物基礎、地学基礎の全科目の内容を一通り学習し終えることが出来ました。

また、英語を得意科目にすることが出来たので良かったと思います。

大学受験1年目を終えて

一年目の大学受験を振り返って、                      

良かったことを挙げると、

  1. 高校の学習内容、受験に必要な科目の勉強を一通りできた。
  2. 得意科目(英語)ができた。
  3. 周りとの差を良い意味で気にしないようになった。

         ことです。

反省点を挙げると、

  1. 初期のころはどうしても周りとの差にネガティブになりすぎた。
  2. 数学に対して苦手意識がうまれ後回しにしてしまった。
  3. 二次試験を受験できなかった。

         ことです。

私は、一年目に勉強する中で、志望校が決まってきて、一橋大学を目標にするようになりました。

到底受験できるような学力ではなかったのですが、出願し、案の定、足切りを受けて二次試験を受験できずに、また私大も受験しなかったので、私の一年目は終わりました。。

一年目は何度も言った通り大学受験勉強の期間というより高校の三年間の勉強を取り返すための期間でした。

今回はこれまでにして、つぎは、本格的に受験が始まった二年目のお話をしまーす!!!

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました