高認、大学受験で必須の英語力とは?

大学受験
スポンサーリンク

こんにちは、のりです。

いきなりですが、皆さんが英語力と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

単語力という人もいれば、英会話がどれほどスムーズに出来るかと答える人もいて、人によってその定義は異なると思います。

しかし、高卒認定試験、そして大学受験で必要とされる力は明確だと私は言えます。

それは、読解力です。

現在、大学受験ではどの大学でも読解力が一番重要視されています。センター試験の英語は7,8割が読解問題で構成されているように、くどいようですが読解力です。

では、読解力とは何なのかそして、どうすれば身につくものなのかを解説していきます!

読解力とはずばり総合力です。

「は?ふざけんな、結局そんなことか」と思われるかもしれませんが真実なのでしょうがありません。

しかし、単語、文法、長文をやみくもにやるよりも、最終的に必要とされているものを意識して取り組むのとでは学習効果は確実に違います。

英語力=読解力=総合力を上げることが出来たきっかけ

私は、高卒認定試験の英語は、高校で履修していたので科目免除を受けて受験していません。ですが、高校ではまともに授業を受けていなかったため英語力はほぼゼロに等しかったです。

そのため、大学受験をしようと決心してすぐに受けたセンター試験では200点満点の半分もいきませんでした。

ですが、大学受験では必ず英語が必要とされていたので向き合う以外はありませんでした。

模試が近づくたびに私は直前で単語を詰め込もうとしたり、文法問題を解いたりして、少しでも点数アップを狙っていましたが、それが運よく出たとしてもせいぜい5点アップぐらいが限界です。

そこから、英語力をあげるべく、いろいろな方法を試しては、辞めを繰り返し、ようやく上げる方法をみつけることが出来ました。

それは、とにかく実践することです。とにかく実践とは、英語長文を読んで読んで読みまくります。

それから毎日英語長文を一つずつ音読するようにしてから、センター試験のマーク模試では9割を超えるようになり、大学に合格した年は一年間8割を下回ることは一度もありませんでした。

はじめは、単語がわからないと、内容を把握することが難しくやる気が出ないかもしれませんが、まずは長文を音読することです。

英語長文の素材は自分が目指す試験の単語レベルが望ましいですが、はじめはだいたい6割程度単語が理解できるもので構わないので、毎日長文一つを音読することです。

単語、文法はどうする?

単語、文法は必要ないのか?と思われるかもしれませんがそうではありません。

単語、文法、読解(長文)の関係性をマラソンを完走するためのトレーニングで表してみると、、

単語力=体力トーレニング

文法力=筋力トレーニング

読解力(長文)=ランニング

といった感じで、マラソンを完走するためには体力や筋力をつけるためにそれぞれ個別にトレーニングをする必要があるかもしれません。

だからこそ、英語を勉強し始めようとすると、とりあえず単語帳を買って単語力をつけてから、文法に移ろう、そして長文対策を、、、

と勉強しだし、なかなか結果が出ずに途中であきらめてしまいがちなんだと思います。

しかし、実戦練習をすること、マラソンでいえばランニングをすることで体力も筋力も同時に身に着けることができます。

だからこそ、私は英語を勉強しようとしている人にはとにかく、一番に実戦練習=長文音読を勧めます!

英語長文を音読していく中で、単語力、文法力不足を感じ身に着ける必要性があると思ったときに、個別で対策していけばいいのです。

とにかくまずは走り始めること=音読を意識してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました