【体験談】大学生は必見!免許合宿レポート

未分類
スポンサーリンク

こんにちは、のりです。

今回は、合宿免許の体験談について話していきます。

私は、山形県のマツキドライビングスクール山形中央校へ2020年の2月4日~2月17日の14日間合宿免許に行ってきました。

行く前に想像していたのと実際ではかなり違うことがあったので振り返ります!

到着初日から車を運転する

朝、8時に東京駅を出発して11時ごろに山形駅に到着、その後入校式を終えるとすぐに休む間もなく、学科の授業が始まりました。

そして、ドライブシュミレーターでエンジンのかけ方とハンドル操作を練習していきなり実車教習がありました。

運転することに恐怖心をもってた自分としては、かなり驚きました。

合宿免許に行くことを考えている人は、心構えしておきましょう!

時間割がエグすぎる

本来、通いなら3,4か月かけて取得する免許をたった二週間で取るので考えたら当たり前ですが、かなりキツキツに予定が詰まっています。

実際の時間割

朝は、6時半のバスに乗るために5時半起きで、学科、教習合わせて一日で多い日は7コほどこなさなければいけませんでいた。

一日終わって宿泊先に帰ったころにはクタクタで次の日も早いのですぐ寝るという生活をしていました。

ご飯がおいしすぎる

朝ごはんは、6時半には出発するので、おにぎりとおかずの入った普通の弁当だったのですが、昼はドライビングスクールの食堂、夜は宿泊先の食堂で食事をとるのですが、びっくりするぐらいおいしかったです!

夜は、ご飯おかと味噌汁おかわり自由で食べまくっていたので、帰って体重を測ったら、14日で5キロも太りました、、

食べすぎには注意してください。

雪降って、積もって、道路の標示がみえない

仮免許試験に合格したら、路上で教習することが出来ます。

初の路上が大雪の夜で道路上の標識が見えないほどで、中央線も見えないので前の車が通った跡をたどって運転したのを覚えてます。

宿泊先で撮った写真

雪道は東京ではなかなか運転する機会がないと思うので、雪道を運転したくないと思う人は、冬に東北で免許とることはおすすめしません。

自由時間がほとんどない

私は、大学の友達と二人で合宿免許に参加したのですが、行く前は初めての東北ということもあって自由時間に観光したり遊びに行ったりといろいろ楽しみにしていたのですが、時間割をみてもわかる通りほぼほぼ自由時間がありません。

山形を満喫することはできなかったけど、一日だけ午後フリーの日があったので温泉には行けました!

最終日には、卒業検定に合格して、友達と仙台に泊まって牛タン食べることが出来ました(笑)

仙台駅
めっちゃおいしかった牛タン

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冬の山形で免許を取ったのは想定外のこともたくさんあったのですが、短期間で免許取れたし、楽しいこともあったので良い思い出になりました!

免許は、身分証明書として使えたり、就活で役立ったりと取っておいて損はありません。社会人になってからでは、なかなか通う時間が取れないといわれているので時間のある大学生のうちに、合宿免許で取得することがおすすめです!

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました